サイト内検索 Powered by Google
facebook

ワイン

国別分類
フランス イタリア ドイツ スペイン
ポルトガル オーストリー ギリシャ ハンガリー
ブルガリア スイス モルドヴァ スロヴェニア
ベルギー アメリカ カナダ チリ
アルゼンチン ブラジル オーストラリア ニュージーランド
南アフリカ タイ グルジア イスラエル
日本      

食品

ワイングッズ

いろいろ

営業日カレンダー
の日はお休みです
出荷・メールでのご返信はお休みとさせていただきます。
2017年11月
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
トップページ日本ワイン > 日本ワイン

日本ワイン

日本ワインが熱い 日本ワインの魅力

●日本ワインが熱い

 日本のワインをめしあがったことはありますか。

 10年ほど前までは国産ワインは「高い」、「まずい」というのが、
業界でも、また一般の皆さんの間でも常識でした。
また、「国産ワイン」といっても、輸入ワインをブレンドしたものや、
輸入の濃縮果汁を使ったものまで含まれており、
いまひとつワイン愛好家にとっては魅力のない存在でした。

 それが、2000年頃からまずメルシャンが
「シャトー・メルシャン」と名前の付いたワインの原料を全て国内調達に切り替え、
時期を同じくして、中小でもやる気のある生産者が、
海外のワインとコストパフォーマンスの面で太刀打ちできるワインを、
次々とつくり出すようになってきました。 

 とくに若い生産者たちは、
お互いに切磋琢磨しながらおいしいワインをつくることに
燃えています。

●日本ワインの魅力、それは生産者の顔が見えること

 日本ワインの魅力は、もしワインを飲んで気に入ったら、
すぐにそのワイナリーを訪問して生産者とお話をすることができること。
輸入ワインでもその気になれば生産者を訪ねることも出来ますが、
言葉の壁や、海外へ出かけなければならない手間など
「気軽に」というわけには行きません。

 現在、勝沼や長野県の塩尻など、
ワイナリーツアーに力を入れ始めた産地が増えつつあります。
また、ワイナリーツアーガイドのような本も
出版されるようになりました。

 是非皆さんもワイナリーツアーをしてみませんか。