ワインの店バッカス
ワインの店バッカス
バッカス・マーケット 会社概要 お支払・送料 初めての方へ お客様の声 メルマガ 商品一覧 買物がご オリジナル・ラッピング

ワインを飲みに出かけよう(その1)

 ワインが好きになった、でも自分の限られた時間と財布で飲めるワインは知れている。とくに、多種類のワインを飲みたいと思っても、友人や家族と飲むのでは、一度に1〜2本空けるのがせいぜい。何とか、けっこう高級なワインを、心ゆくまで、いろんな種類、いろんなヴィンテージ試飲してみたいものだと思っておられる方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

 そういうことになると、まずはワインの産地に出かけていって、飲みまくるのが解決法になります。そこでこれから数回、主にフランス政府観光局のサイトを参考に、ワイン飲み旅行の情報をお伝えしていきたいと思います。

第1回 交通手段

 パッケージツアーは苦手という方も多いだろうし、このごろ少しはでてきたものの、「ワインを飲むことだけを目的としたパッケージツアー」は少ないので、まずは家族や友人との個人旅行という前提で考えてみます。

 ワイン産地のある国の主要都市(たとえばパリ)までは、日本から格安航空券などを使っていくことができます。ほんとうは、その後、ワイン産地の田舎を回るのであるから、運転に自身のある方は国際免許を取ってレンタカーというのがお勧めですが、残念ながら、ワインを飲むということになると酔っぱらい運転を推奨するようなのもなので、それはできません。

 ということになると、主要都市からワイン産地の中心の町(ボルドーとかディジョンとか)までは、主要都市で乗り継ぎ、直接航空便で行くか、主要都市で一泊して鉄道で行くことになるでしょう。そして肝心のワイン産地巡りは、この中心の町で催行されるローカルの産地巡りツアーに参加するのが、もっとも安直な解決法です。

【閉じる】