ワインの店バッカス
ワインの店バッカス
バッカス・マーケット 会社概要 お支払・送料 初めての方へ お客様の声 メルマガ 商品一覧 買物がご オリジナル・ラッピング

2003年2月26日

ついに発見、坂口憲二が飲んだワイン

 ご挨拶にも書きましたように、ドラマ「いつもふたりで」のお話には大変な反響がありました。

 そこで、先日の月曜にはドラマをビデオに撮り、「もしワインが出て来たら絶対にどのワインか調べてやる」という意気込みでチェック。2回ワインが出てくるシーンがあったのですがようやくそのひとつを確認することができました。

 実はテレビで出てくるワインをチェックするのはけっこう大変なんです。まず、出てきたワインのラベルを見ておよその見当をつけないといけません。最終的には「世界の名酒事典」で確認をするのですが、見当をつけなければ膨大な情報(ワインのページだけでも340ページほどあります)の中から探すことができないからです。

 また、テレビはよく見ると画面が粗くて、細かいところまで見えません。ハイビジョンならもう少しよく見えるのかもしれませんが、うちのテレビはまだワイドにもなっていない状態。近づいてよく見ようとしても走査線が拡大して見えるだけでいらいらするばかりです。

 そんな困難(?)を乗り越えて今回はついに見つけました。

 最初に出てきたワイン(マンションでみんなで集まってワインを飲むシーン)は、ラベルを見てこれかと思ったワインを調べたのですが残念。ラベルは思ったワインと似ていたのですが、キャップシールの色が違いました。

 そして2回目、坂口憲二が歯科助手の長谷川京子と2人で飲んだワイン。松たか子は二人が居ることを知っているのでマンションに帰りたくても帰れずに一人で時間をつぶします。そしてもう長谷川京子が居なくなったと思える時間に帰ってみると、テーブルの上には2人が飲んだワイングラスが2つ、まだ片付けられずに置かれている。そうです、そのときワイングラスの中に入っていたワインです。

 そのワインは、



 サンタ・カロリーナ・カベルネ、またはメルロー、チリのワインです。


 実は残念ながらひとつに絞り込むことができませんでした。ラベルデザインが同じなのですが、色が若干違います。その色の違いがうちのテレビではどうしても分からなかったのです。

 サンタ・カロリーナは早い段階からフランスから技術者を招き、レベルの高いワイン作りに取り組んできたワイナリーです。1998年の赤ワインブームの頃「チリカベ(チリのカベルネ)」という言葉がよく言われましたが、その当時、「チリカベ」の代表がこのサンタ・カロリーナのワインでした。

 大変レベルが高い、安定した品質のワインを作るワイナリーです。

 …………………………………………………………………………………………………

  「チリカベ」の代表選手
  サンタ・カロリーナ・カベルネ (赤中口・辛口 900円)
  http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/492695/492696/521127/

  カベルネのしっかりとした味わいとソフトでまろやかな口当たりが程よく調和。

 …………………………………………………………………………………………………

  まろやかさが違います
  サンタ・カロリーナ・メルロー (赤中口・辛口 900円)
  http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/492695/492696/521134/

  サンタ・カロリーナがつくるとメルローもこんなにおいしい。

 …………………………………………………………………………………………………

  ワインを保存するなら
  フォルスター・ロングフレッシュ ST-AF140G(WB)
  http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/517493/519828/519852/

  デザインもスタイリッシュな、36本入り。ドラマの中でも大活躍。

 …………………………………………………………………………………………………

  お手軽セラーなら送料無料
  ヴァンテック パーソナルキャビネット
  http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/517493/517499/

  デザインならこちらも負けない、36本入り。

 …………………………………………………………………………………………………

【Top】 【閉じる】