ワインの店バッカス
ワインの店バッカス
バッカス・マーケット 会社概要 お支払・送料 初めての方へ お客様の声 メルマガ 商品一覧 買物がご オリジナル・ラッピング

2002年6月5日

日本の原産地呼称1(山梨県)

 98年の赤ワインブームを経て、海外から高品質でお手頃価格のワインがどんどん入るようになりました。(バッカスマーケットでもそのようなワインを中心に販売していますが)そこで国産ワインが生き残る道は輸入モノに負けない高品質なワインをつくること。そこで海外では普通にある原産地呼称制度が取り入れられ始めました。

 ニューズ・レターの37号で長野県が原産地呼称制度を作成中と書きましたが、日本で原産地呼称の制度を最初に取り入れたのはワインの生産者がが国内で一番多い山梨県。

 今回は山梨県の原産地呼称について。山梨県では平成13年8月より一定の条件を満たしたワインに、「山梨県産ワイン統一マーク」をつけることができるようになりました。あいにく当店では県産マーク付きのワインの取り扱いはありませんが国産ワインを探すときひとつの基準にしてみてはいかがですか。

 詳しくはこちら。
http://bacchus.ne.jp/news/yamanashi_kensan_wine.html

 なお、大手メーカーではこの条件を満たす商品であってもマークをつけていない場合が多いようです。

【TOP】 【閉じる】