ワインの店バッカス
ワインの店バッカス
バッカス・マーケット 会社概要 お支払・送料 初めての方へ お客様の声 メルマガ 商品一覧 買物がご オリジナル・ラッピング

2003年5日2日

ワインセラーの研究2(フォルスター グランセラー)

 ワインセラーの研究第2回目はフォルスターのグランセラーです。

 http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/517493/519828/526872/

 フォルスターってどんなメーカー?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 このような金額の張るものを買う場合、その会社がどんな会社かが心配ですよね。

 フォルスターは現在、日商岩井メカトロニクス株式会社のフォルスタージャパン事業部が扱っています。

 日本での個人用ワインセラーの先駆けとなった会社で、1987年、スイスのヘルマン・フォルスター社との技術提供によって加湿冷蔵庫の国内製造・販売をいち早く始めました。

 以来、ホテルやレストランなどでもフォルスターのワインセラーを見ることが大変多いというのが現状です。

 ちなみに、ニューズ・レターNo.88で書いた、坂口憲二と松たか子がドラマの中でワインをしまっていたワインセラーもこのフォルスター製でした。

 販売しているワインセラーは、機種により日本製、スイス製の両方があります。

        ○      ○      ○

 さて、フォルスターのグランセラーの特徴ですが、私なりに一番の売りを考えてみましたところ、

      徹底的に個人ユースを追求したワインセラー
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

です。その理由は、

1.インテリアに合わせやすい、「シンプル&モダン」なデザイン

  デザインがシンプルなので、いろいろなタイプのインテリアに合わせ
  やすいと思います。リビングに置いても違和感がありません。

  ワインセラーはそもそも業務用につくられているものが多いので、リ
  ビングに置いても違和感のないものはあまり多くありません。

2.ワインを重ねて収納する必要がない棚

  実はこれが他のメーカーのワインラックにほとんどない点。

  個人でワインをコレクションする場合、一つのワインについて多くて
  も数本、ほとんどのワインについては1本ずつコレクションすること
  になると思います。

  他社のワインラックは棚数が少ないため、ワインを重ねて収納する必
  要がありますが、そうした場合下になったワインを探すのは大変な作
  業になりますし、ワインの管理も大変。

  欲しいワインを抜き出すだけで、上に重なったワインをすべて動かさ

  なければとることができません。

  その点、このグランセラーは1枚の棚には1段ワインを並べるだけ、
  その上ころがり止めがついているため、ワインの管理が大変しやすく
  また、欲しいワインがすぐに取れるようになっています。

3.充分な収納本数(50〜63本)

  お手頃価格のワインセラーもいろいろありますが、その収納本数は
  24本から36本程度。

  多いとも少ないともいえますが、ワインセラーを買うとワインをどん
  どんためたくなるもの。そうするとすぐにワインセラーが一杯になっ
  てしまいます。

  その点、このグランセラーはブルゴーニュタイプで50本、ボルドータ
  イプなら63本収納可能。これでも充分でなくなる可能性もありますが
  かなりの収納本数です。

  また、他社の場合、棚に何段も積んでぎっしり詰めた場合の収納本数
  を表示している場合もありますが、このグランセラーの収納本数は、
  余裕を持って必ず入る本数です。

  http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/517493/519828/526872/

        ○      ○      ○

 そんなグランセラー、「個人用に最適につくられたのはわかったけど、性能はどうなの?」という声が聞こえてきそうですが、性能だって一流です。

1.振動を極限まで押えています

  コンプレッサーを使用しないペルチェ方式(詳しい説明はサイトをご
  覧下さい)なので、通常の冷蔵庫で一番振動の原因となるコンプレッ
  サーの振動がありません。その他に振動の原因となるモーターを使う
  部分としてはファンがありますが、小さなものなので振動はほとんど
  ないと思います。

  また、脚にも「防振レッグ」を採用。床からの振動を吸収してます。

  もう一つ考えなければならないのが、ビンを動かすことによる振動。
  ビンを重ねて収納する他社品は下積みの瓶を出すたびに上の瓶を動か
  さなければなりません。

  このグランセラーは1本1本が棚の区画ごとに収納できるので、ワイン
  を取り出す際にほかのワインにほとんど影響を与えません。

2.紫外線を防ぎます

  ワインのことを考えた場合、紫外線は大敵、暗い状態で保存するのが
  一番良いことはワインの知識が少しある方だったら常識です。もし紫
  外線の影響をゼロにするのであれば、ドアは冷蔵庫のように中が見え
  ない方が良いに決まっています。

  ところが、ワイン愛好家としては自分のコレクションをセラーの外か
  ら見たいし、また人にも見せたいのも心情。

  このグランセラーはドアに3層ペアガラスを採用。紫外線の影響を
  90%以上押えているそうです。

  愛好家の心理をよく理解した商品だと思います。

3.臭いだって防ぎます

  臭いもワインの大敵。冷却器に霜がつくとコルクを通じてワインにも
  臭いがついてしまいます。

  グランセラーはその臭いの原因になる霜がつきません。

 なお、温湿度は、ワインセラーの基本的な機能として当然十分なコント
 ロールが可能です。

 こんなフォルスター、グランセラー。いろいろ調べれば調べるほど欲しくなる1台です。

………………………………………………………………………………………

 究極の個人用ワインセラー
 フォルスター グランセラー
 http://www.rakuten.co.jp/bacchus-m/517493/519828/526872/

 ゴールデンウイークに良い研究材料です。

………………………………………………………………………………………

【Top】 【閉じる】