ワインの店バッカス
ワインの店バッカス
バッカス・マーケット 会社概要 お支払・送料 初めての方へ お客様の声 メルマガ 商品一覧 買物がご オリジナル・ラッピング

キャップシールのカット

 ニューズ・レターNo.29でソムリエナイフの使い方を書いたところ、キャップシールはどこをカットしたら良いのかというお問合わせが寄せられました。そこで今回はどこをカットするかについて簡単に説明します。

 通常ワインのボトルは、口から数ミリ下の部分から1cmくらいの幅で少しふくらんだ部分があります。ソムリエナイフでカットする場合はこのふくらみの上か下の部分にナイフを押し付けるようにしてカットするときれいにカットできます。

 特にソムリエさんがカットする場合はほとんどふくらみの下側。いわく、下でカットした方がコルクについたカビをきれいに拭き取れるからとか。ソムリエナイフ初心者の方はふくらみの上側の方がカットするのが簡単です。また、日常飲む若いワインはカビが生えていることはほとんどないので上でカットしても問題ありません。

 市販のシールカッターを利用する場合、これは上側をカットするような構造になっているので下側をカットすることはできません。

 詳しくはこちらをご覧下さい。
http://bacchus.ne.jp/news/cap_seal.html

【閉じる】